山西省が最初の3四半期に1100億kWh以上を域外送電

The State Grid Shanxi Electric Power Company

 

山西省が最初の3四半期に1100億kWh以上を域外送電

 

AsiaNet 100485(1757)

 

【太原(中国)2023年11月14日新華社=共同通信JBN】山西省は今年最初の3四半期に前年同期比10.9%増の1168億1000万kWhの電力を域外送電し、同期間としては過去最高を記録しました。

 

State Grid Shanxi Electric Power Company(国家電網山西省電力公司)は、同省内の安定的で秩序ある電力供給を確保しながら、電源、送電網、負荷、蓄電の共同の取り組みを推進し、省を越え、地域を越えた電力取引と送電を柔軟に組織し、「中長期+スポット+補助サービス」の電力市場システムの利点を最大限に発揮し、省間および省内のスポット市場を通じてユニットのピーク発電量を刺激しており、「山西からの送電」の中長期電力取引は湖南や四川など10以上の省および首都・北京に広がっています。Statistics Bureau of Shanxi Province(山西省統計局)の報告によると、今年最初の3四半期の山西省の総発電量は前年同期比4.7%増の3229億8000万kWhで、このうち1168億1000万kWhが域外に送電され、昨年1-10月の規模を上回りました。

 

山西省の電力網は「西から東への送電」と「北から南への送電」の重要な部分であり、中国の北部、東部、中部の3地域を結び、北京、河北、江蘇、湖北などの地域に送電する重要な任務を担っています。統計によると、2022年の山西省の累積発電量は4153億3000万kWhで、このうち1463億7000万kWhが域外に送電されました。

 

ソース:The State Grid Shanxi Electric Power Company

 

▽画像添付リンク

Link:

画像説明:山西省が最初の3四半期に1100億kWh以上を域外送電

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

プレスリリース添付画像

山西省が最初の3四半期に1100億kWh以上を域外送電

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中