【Project A アンモニア燃焼技術開発】レシプロエンジンにおいてアンモニア100%で安定燃焼確立

超高エネルギー点火システムによりさらなる安定燃焼領域拡大を目指す

 ダイヤゼブラ電機株式会社(ダイヤHD 本社:大阪市、社長:小野 有理)は、【アンモニア燃焼技術開発】において、安定した燃焼が難しい低回転低負荷域でのアンモニア100%の燃料を市販車要求基準内で安定燃焼させる事に成功し、アンモニアを燃料とした既存レシプロエンジン (※1) での実験にて公表されている限りでは世界初の成果(※2)となります。

 

 昨今、地球温暖化対策として自動車電動化への取り組みと並び、カーボンフリー化を目指したアンモニア燃料の燃焼研究が進んでいます。従来のガソリンなどに対し、アンモニアのような燃焼し難い燃料を安定燃焼させる為のファクターの1つとして、点火系には非常に高いエネルギーの火花放電が求められます。

 

 点火燃焼技術開発メーカーである当社は、レシプロエンジンを脱炭素社会にて活かすべく、新点火システムの開発を進めて参りました。2018年に鳥取に本社を置くグループ会社のダイヤモンド電機株式会社内に【A-Lab(燃焼ラボ)を設立して「Project A」をスタート。点火コイルの放電エネルギーと電流特性を自由に変えられる特殊点火装置を用い、アンモニアや水素燃焼に関する基礎研究を独自に積み重ねてきました。引き続き、全てのエンジン運転域に対し超高エネルギー点火システムを応用し、可能な限り混焼比をアンモニア寄りに高めるべく研究を進めて参ります。

 

 この度の成果は第61回燃焼シンポジウム B12:エンジン燃焼Ⅱにて論文発表します。

 

 今後も当グループは、中長期経営計画【炎のスクラム】に掲げた新ビジョン【車と家を地球環境に資するものづくりでつなぐ】に基づき、公器としてお客様の発展に寄与し社会の豊かさに貢献するべく、挙社一致で連戦猛進して参ります。

(※1  一般的なガソリンエンジンなど、熱エネルギーで膨張したガスによるピストンの往復運動を、シャフトとクランクによって回転運動に変える方式のエンジン )

(※2 当社調べ)

 

関連リリース:<世界初> アンモニア燃焼技術開発~アンモニアを筆頭にした次世代燃料

       エンジン用超高エネルギー点火システムの提供を目指して~

        

 

■既存量産エンジンにおける点火系エネルギー強化での燃焼限界拡大効果

 

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

プレスリリース添付画像

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

このプレスリリースを配信した企業・団体

  • 名称 ダイヤモンドエレクトリックホールディングス株式会社
  • 所在地 大阪府
  • 業種 電気機器
  • URL
  • ※購読している企業の確認や削除はWebプッシュ通知設定画面で行なってください
  • SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中

    過去に配信したプレスリリース